先日、同支店のPさんと久々に社員食堂でランチをしようと意見が合致したので、5階の軽く1000人は着席できる大き目のカフェテリアに連れ添い向かいました。というのも、大抵は、社外のテイクアウトのサラダボウルを利用するか、社内のカフェのスムージーで、ランチを済ませているPさんと私なのですが、急に降りだした大雨に行く手を阻まれた為、たまには、社員食堂に行ってみようという話し合いになりました。入社時から、気が合うPさんとのランチも今年で7年目になり、どちらかのプロジェクトチームの会議が長引こうとも、たいていは、タバコの一服とランチの話し相手として、お互いのランチ時間を、事前に社内チャットで飛ばし合い、時間をずらしては合流するようにしています。ランチにPさんと会話するだけで、業務の集中から解き放たれて、午後の活力を養えるような気がしています。お互いに、ランチをヘビーに摂取するタイプではないので、本当は食べなくても良いくらいなのですが、一日の野菜摂取量が不足するくらいならば、ランチにサラダでも食べておこうというスタンスから、サラダボウル、もしくは、スムージーという選択が、2人のランチの定番でした。その日は、実は、社内業務の改善案をいくつか提出しなければならない締切日であったので、Pさんに相談がてら長めのランチをお願いしていたのです。せっかく社員食堂に来たのだから、何かめずらしいものをと思いメニューを眺めてはみたのですが、2人ともラーメンと天ぷら蕎麦という、なんともありきたりなメニューを選択してしまいました。お互いに、麺コーナーで、食券を購入し、列に並んでいると食堂の壁に貼られた、何やら社内宣伝をするポスターが目に入ってきました。明日の業務後、17時30分から、5階食堂を利用して、社内副業に関する講習会を開くという案内がPRされていました。ポスターにみとれていると、天ぷらのお客様!と、目の前のカウンターから食堂のおばちゃんに声をかけられました。我にかえり、蕎麦の丼をトレイにのせて、Pさんの待つテーブルに着席すると、先ほど目に入ったポスターが気になったので、Pさんを誘ってみると、どうもPさんの部署の若手社員の企画した社内業務改善案だというPさん情報でした。いくつか提出させた企画書の中から、ピックアップされ実現したらしいのです。実は、自分もその社内業務改善案の提出を促され、今日が、締切りなのだと相談を持ちかけると、Pさんは面倒だという表情とともに、何かを思いついたような顔をしました。先日、転職のエージェント業務を行っている友人が晩飯を御馳走するという名目で、我社の求人採用情報をリークしてくれないかと懇願された事があったのだと話してくれました。最近、異業種へのキャリアチェンジという、業種替えの転職が若者の間で密かなブームになっているようで、どうも未経験の業務を転職という形で経験する事で、自分の売りとなるスキルを増やそうという、水面下ではあるが転職ムーブメントがあるようなのだ。Pさんの話の終着点はどこにあるのだろうとそのまま聞いていると、転職というキャリアチェンジのように、社内で、期間限定の人材部署交換を行ってみてはどうだろうかという終着点でした。気になる未経験の部署の業務を自主的に経験する事で、コミュニケーションスキルや、自己能力開発を促す体験をするという発案なのだけど、社内業務改善に結びつかないだろうか・・・。と言うPさんに、そそくさとお礼を伝え、さっそくデスクに戻り、あたかも自分が発案したかのように、社内業務改善案を、A4用紙一枚にまとめ上げ、終業時までの締切りにどうにか間に合わせました。その名も「社内キャリアチェンジ!」。この誰かのネーミングをとってつけたようなタイトルのポスターはいずれ社員食堂壁際にお目見えするだろうか?Pさんと来週の結果発表の日には、社員食堂でランチをする約束をしました。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です