求人広告は騙すことが目的なのですから、企業によっては派手なキャッチコピーで惹き付けようとすることがあります。よく見られるのは、「アットホームな職場」という文句です。本当に社員同士が仲の良い職場である可能性も否定できませんが、大抵はストレスの大きい職場であると認識して下さい。また、「やりがい」「感謝」といった言い回しにも注意を要します。ブラック企業の求人広告で散見するものになります。「残業が少ない」も気を付ける必要のあるコピーです。「少ない」といった主観的な形容は当てになりません。実際に入社してみると、馬車馬のように働かされてしまうケースも珍しくありません。

キャッチコピーの中には、嘘ではないものの、閲覧者が冷静に読解しなければならないものも存在します。例えば、「20代の若手が中心の会社」といったコピーは、その会社の実状を物語っています。新入社員がすぐに退職している可能性があるのです。もちろん起業したばかりでそのような構成になっているのかもしれませんが、求職者としては事前に調査する必要があります。会社四季報等で簡単に確認することが出来るので、ぜひ離職率をチェックして下さい。また、「未経験者歓迎」は頻用される文句ですが、普通は採用する企業にとって経験者の方が望ましいはずです。それにもかかわらず、敢えてそのようなコピーを用いているのですから、裏があるのは間違いありません。よくあるケースは、人材不足が深刻な企業が、人数合わせのために急いで募集しているものです。その場合、入社後に長時間働かされる可能性もあるので、注意して下さい。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です