優秀な学生は複数の企業から内定を得ていることが多いため、中小企業が出した内定を受け入れてもらえない可能性があります。万一辞退されれば、面接や試験を含めた採用過程に払ったコストが無駄になりますし、何よりも優秀な人材を確保し損ねることが痛手です。そこで中小企業に求められるのは、彼らを繋ぎ止めるための戦略を練ることです。例を挙げましょう。説明会で採用スケジュールを詳しく伝えないのは中小企業の常道なのですが、目を付けた学生にだけ面接日時を伝えます。この時点で学生は好感を持ちます。多くの学生の中から自分が選ばれ、特別扱いされることに満足するからです。その後面接を重ねる中でも、同様に扱います。当該学生は最後まで特別に扱ってくれたことに対してさらに満足しつつ、内定が出ることを確信するでしょう。しかし最後は焦らします。内定だけはその日に出さずに、ある程度の日数を空けてから出すのです。すると学生は当初の予想に反して中々内定が出ないことに不安を覚えるはずです。この不安がポイントです。ようやく内定が出ると、この不安が喜びに変わるため、企業に対する好印象は却って増幅するのです。
好印象を与えるためのアピール方法は他にも沢山考えられます。しかし優秀な人材を確保したいという気持ちが逸ってしまい、広告に書いてはならない内容を掲載してしまうのは許されません。特に違法な表現は何としても避けなければなりません。例えば、雇用機会均等法は年齢差別、男女差別を禁止しています。同法の制定理念に反するような表現である「主婦」「ウェイター」といった言い回しを使うことが出来ないのです。「主婦(夫)」「ホールスタッフ」と表現するようにしましょう。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です