求人情報誌に広告を出す場合、1週間のスパンでタイミングを計る必要があります。何故なら、フリーペーパーの発行日は毎週の特定曜日になるからです。求人情報誌には閲覧者の増えるタイミングが存在し、それが発行後3日間だと言われています。つまり8割が週の前半で売れてしまいます。求職に精を出している人は発行日を気に掛けているため、積極的に応募する人はこのタイミングで閲覧するのです。

求人情報誌への掲載には、その他にも気を付けるべきタイミングがあります。天気、天候もその一つです。例えば台風が到来すると予測されている週に掲載するのは損だと言えます。雨が降っただけでその日の売れ行きが落ちてしまうのが求人情報誌ですから、台風が近づいているタイミングで手に取ってくれる人は限られます。大袈裟だと思われるかもしれませんが、強い雨の日は販売部数が2割にまで落ち込むという統計もあるのです。

ではインターネットによる求人広告と天気との関係はどうでしょうか。確かに求人情報誌に比べれば天気に左右されにくいと言えます。しかし1週間のスパンでタイミングを計るべきなのは同様です。何故なら1週間の人の行動パターンを分析すると、求人広告へのアクセス数の増減に関係する行動が析出されるからです。例えば女性をターゲットとした求人サイトが、月曜日と木曜日に更新されているとします。この場合、「土日月」という連休が控えていると、木曜日の掲載は避けた方が無難です。何故なら女性は、連休を利用して遠方に出掛けることが多く、木曜日の更新分を見ずに月曜日を迎える可能性が高いからです。月曜日の更新によって先週の木曜日の更新分は目立たなくなってしまい、効果が薄れます。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です