実際の風景といっても会社の写真をパパッと載せるという意味ではありません。社内の雰囲気が伝わるような紹介をするということです。例えば、文章で伝えるならば、実際に社員に職場や仕事についての感想を書いてもらうのが効果的です。何人かに聞くことによって、経営者やパンフレットの制作者とはまた違った会社に対する考えや、仕事に対する思いが集められるはずです。これは「社員の声」という形で比較的よく取り入れられているのでイメージしやすいと思います。先ほども述べましたが、実際にその企業で働いている人の声、考えというのは、会社の情報をしろうとしている学生にとって重要な要素になります。文章と一緒に、その社員の顔や仕事風景も載せておくと、学生がイメージする一助となります。

また、現代ではほとんどの人が簡単に動画を見ることができるのを利用して、社内の雰囲気を動画として紹介するのも効果的かもしれません。仕事に取り込む社員たちだったり、休憩中の社員の様子だったり、とにかく会社の雰囲気が伝わるような動画を、パンフレットに載せたリンクから学生たちに見てもらうのです。これによって、自分たちの伝えたい会社の魅力を、学生が映像でダイレクトに認識し、興味を持ってくれる可能性は高いと思われます。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です