採用は「マーケティング・ミックス」の発想を大いに利用することができる。統合型マーケティン グ・コミュニケーションの考え方が、そのまま採用にも活かせる。ただし、この発想で採用活動を行っている企業はほとんどない。

マーケティング・ミックスは、さまざまな施策を最適な組み合わせでどう実行できるか、という点が問われる。マスメディア(テレビ・ラジオ・雑誌・新聞など)とインターネットメディアとのバランスを考慮することなどは、マーケティング・ミックスの典型的な例である。同様に、採用においてそれぞれの施策をどんな組み合わせで実行すればいいかを、採用ターゲットと自社のコンセプトを軸に考える必要がある。それが、採用における最も効率のいい方法が導き出される。難しい考えではない。これは商品やサービスを販売する際のマーケティングと同じである。

採用活動においても戦略の最適化をもって、個々の戦術をむやみに実行したり、コンセプトがないまま惰性で行ったりせずにすればいいのである。そうすることで、採用市場における企業のブランディングを行っていくことができる。

まずはコンセプトに沿って、どんなメディアに出すべきか。どんなツールにすべきかを考え、どのように組み合わせるべきかということをどう展開していくのかが、より近道になる。

自社のターゲットや採用基準の明確化、コンセプトの設定をし、社内での共有をし、各施策を実行していくことが良策である。大事なことは、変化する採用環境に対応できる体制を整えておくということである。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です