面接時に「将来独立したい」と言うような目標を掲げ、面接を受けに来る人も少なくはないでしょう。そういう人事は採用すべきなのかという点は、多くの企業が頭を抱える点とも言えるでしょう。言ってしまえば、近い将来辞めてしまう人を採用したくないというのが企業側の本音でしょう。しかし、飲食業のような業種に限っては、独立したいという人を積極的に採用すべきです。理由は、そのような人が3年働いてくれた場合、費用対効果が充分得られるからです。独立したい人はその分意欲もありますから、会社に貢献することでしょう。独立費用を稼いだり、独立するための技術を身につけるまで一生懸命働いてもらえれば、企業としては結果、利益になるでしょう。また、入社当初は独立したいと思っていても、その考えは変わる可能性もあります、意欲がある人材が残って、企業に貢献してくれる可能性もありますので、積極的に採用することをお勧めします。

また、採用してもすぐに辞めてしまう、人材に長期間会社に在籍してほしいという悩みを抱えている企業も多いかと思います。広告や面接など様々な苦労を重ねて採用した人材がすぐに辞めてしまうのは、企業にとっては大きなダメージです。また採用するという仕事が増えてしまい、なかなか新しい優秀な人事が育ちません。それを防ぐためには、人を会社に馴染ませることです。まずは1週間、 3カ月、1年という区切りで考えましょう。ただし、本当に時間をかけて育てたい人材であれば3年かけるべきです。 3年経てば、就職者自身も自信がつき、離職率も低くなってくるでしょう。そのためにはまず、軽い業務から担当させ、じっくり育てていく方がいいでしょう。期待を込めていきなりあれもこれも教え込もうとするのは逆効果です。

 

 

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です