人を採用しようと思った時に、中途採用と新卒採用のどちらかを選ぶ必要があります。一般的には、既に社会人経験がある人を転職という形で迎え入れる採用方式を中途採用、学校を卒業してそのまま就職をする人を、新卒採用と呼んでいます。即戦力が欲しいという場合は中途採用で人を探すべきですし、若く社会人経験がない人をじっくり育てていきたい場合は新卒採用を選ぶ必要があると言われています。特に経験を問わないような仕事内容の場合は、どちらの方式にこだわる必要はありません。

実際に採用を行ってみると分かりますが、中途採用はとにかく短期で決着をつけなくてはいけません。そもそも中途採用で人が欲しい場合というのは、例えば事業を拡大した分の人を追加したい場合や、欠員が出てしまう予定があるので、その分の補充をしたいという場合が多いと言われています。そのため、とにかく経験のある人を早めに捕まえる必要が出てきてしまうのです。また、転職する側の人も社会人経験がある人が多いために同じ職種で転職をしてくる割合も高く、前の会社と比べてどうかなど、実際の業務の内容を想像しやすくなります。転職活動中は基本的には収入がない状態になりますので、企業だけではなく、転職側の決定するスピードも新卒と比べて早い傾向にあるそうです。

逆に新卒採用の方は、時間が掛かります。そもそも年度ごとの採用になりますし、そこから説明会を開く必要もありますし、面接回数も大目に設定されていることが多いそうです。場所によってはインターンシップを行う企業もあり、そうなるとさらに長い期間が必要になってくると言えるでしょう。どのタイプの人が欲しいか、どれくらい時間があるのかを考えて準備をしていく必要があります。